医薬品の画像

医薬品とお弁当と北枕について

北枕とは、昔から、縁起が悪いとされており、同時に、よく親御さんやご家族の方から、お子さんに、何も知らないで北枕で寝ているお子さんに対しては、縁起が悪いから!といった理由で、北枕で寝ることをやめるように、指導がされるケースがあります。

また、スピリチュアルな話になってしまいますが、やはり北枕というものは、昔からよくない物とされており、幽霊などが通る道、霊道などとも関係があると言っているスピリチュアル関係の方もおり、縁起としては良くないものであるとされています。

そのため、もし、最近よく眠れない…このような悩みを、うつ病や精神疾患の患者さんが、精神科医の先生や、心療内科の先生に伝えてきた場合には、医薬品として、よく眠れるように睡眠薬を処方すると同時に、スピリチュアルな傾向を信じる患者さんに対しては、北枕で寝ていませんか?とアドバイスなどをすることで、心のわだかまりが取れて、意外にも、信心深い人は、それだけで眠れるようになったり、スピリチュアルな関係で、救われることもあるものです。

また、上記とは異なり、医薬品を飲んでいる人の中には、お弁当などの栄養が、しっかりと取れていない人などもおり、そのような場合には、しっかりと栄養の取れるお弁当を食べてください、食生活に気を付けてくださいと、このように医師の先生から、アドバイスや注意がされる場合があります。

また、医薬品によっては、お弁当など、食事をする前に飲まなければ、効果が発揮されないものもあるため、つい、うっかりと患者さんが忘れてしまわないように、しっかりとアドバイスと指摘をされるお医者さんもおられます。

医薬品はとても便利ですが、しっかりと使用方法を守らないと、なかなか効果が発揮できないからです。