医薬品の画像

狂犬病に効く医薬品はなく、予防のための血行を良く

 狂犬病は、ウイルス血症の代表的な疾患でありまたもっとも恐ろしい病気の一つにも挙げられます。ウイルス血症はウイルスが血流に侵入してそこから全身へと移動することを特徴とします。狂犬病の場合は一旦発症してしまうと致死率が100%となっており、狂犬病に効く医薬品が全くありません。そのため、予防のためのワクチンを打つなどをするのが食い止めるための唯一の方法といえます。国内においてはあまり報告例はありませんが、全く起こらないというわけではありません。全世界で発生する傾向があります。
 人間だけではなく、ウイルスを保有する動物に対する予防接種なども積極的に行っています。狂犬病ワクチン接種は国から義務となっていることが定められていることを留意します。
 狂犬病にかからないようにするには、日頃から衛生意識をきちんと持っておくことがとても重要です。人間だけではなくペットに対しても同様です。ペットに対してはブラッシングやコーミングを行うようにして清潔を保つようにすれば血行をよくなり健康にも貢献することができるようになります。
 ブラッシングやコーミングには抜け毛・汚れ・フケ・寄生虫などといった様々な飼い犬などの健康を邪魔する要素を除去することでマッサージをする形にもなるため血行が良くなり、その結果被毛に健康的なツヤを与えるという効果があります。また、ブラッシングやコーミングを行うときに健康状態を把握しやすいという点でもとても重要です。行うにあたっては散歩の後に行うのが最も良いでしょう。
 犬の場合には夏と冬に1回ずつ被毛が生え変わる換毛期が存在します。その時期については、1日2回に増やしてブラッシングやコーミングを行っていきます。