医薬品の画像

糖尿病予備軍にはきのこで対策それでもだめなら医薬品

糖尿病の初期では自覚症状がないため、健康診断などで血糖値が高いことが分かったら早急に検査をしてもらう必要があります。結果として糖尿病でなくとも、自分は予備軍なのかもしれないと考え、食生活や日々の運動などを見直す必要があります。
糖尿病の場合、きのこが食事に良く利用されます。その理由として食物繊維が豊富に含まれるために血糖値の上昇を抑制する、カロリーが低い、コレステロールを排除する働き等があります。糖尿病の治療としては血糖値を適正に保つようにコントロールすることが必要です。そのため血糖値が高くならない食生活をする必要があり、低カロリーで血糖値の上昇を抑えるきのこは有能な食材と言えます。他にもワカメやヒジキの様な海藻類も糖尿病に良い食材と言えます。食材に気を付けたら次は運動です。特に食後に運動をすると血糖値を下げる働きがあるので、ウォーキングや軽くジョギングをすると良いでしょう。また運動をすることで肥満解消にもなるので、効果的です。日本人は痩せていても糖尿病になる人の割合が諸外国よりも多いとされているので、自分は痩せているから糖尿病予備軍ではないと思うのではなく、運動や血糖値を上げないような食材を食べる様な食生活をしておく意識も大切です。
そして食生活や運動に気を使っても糖尿病を発症したならば医薬品に頼ることになります。よく聞く治療法としてはインスリン療法かと思われます。これは糖尿病になることでインスリンの効果が弱くなり血糖値が高くなるのですが、それを防ぐために外部からインスリンを注射などで直接補い血糖値を下げる治療法です。しかしその副作用として低血糖になることもあり、その影響としてめまいや吐き気などを引き起こしたりもします。そうなると生活に支障が出る事もあるので、出来れば最初に対策を取り、糖尿病にならない努力をすると良いでしょう。