医薬品の画像

自分に合った医薬品で笑顔の朝をむかえる

医薬品の中には人間の眠りの質を改善してくれるものがあります。夜眠れないのは大変ですが、自分に合った医薬品が見つかったら、笑顔で朝をむかえられるようになります。いわゆる睡眠導入剤と呼ばれる医薬品の中にはいろいろな種類があります。眠れないからと言って強めの睡眠導入剤を飲むと、副作用が出ることがあります。最近は睡眠導入剤の質も改善されており、昔のような深刻な副作用が出る薬はなくなりました。しかしこのタイプの薬には依存性があり、ずっと続けて飲んでいるとやめられなくなることがあります。急に何らかの理由でやめたら、深刻な副作用が出ます。例えば、精神が錯乱したり、普通の人には理解できない妄想を抱いたりします。このような状態になってしまったら、精神病院に入院しなければならないこともあるので注意が必要です。
精神科ではいろいろな薬を出してくれますが、大量に薬を出すところや、いつまでたっても薬の量を減らさない所は避けるようにしましょう。眠れない時はうつ病や認知症などの深刻な病気が原因の時があります。このような場合は、睡眠導入剤以外にも薬が処方されます。症状がひどいときには処方された薬をきちんと飲まなければなりませんが、良くなってきたらやはり減らすことが必要になります。患者のことを第一に考えてくれる医師だったら、必ず薬の量を減らしてくれます。減らしてくれない場合は、相談しましょう。うつ病や認知症の薬は直接脳に作用する強い薬です。そのような薬を大量に飲み続けていたら、必ず副作用が出てきます。それを防ぐためには自分の病気の状態によく気を配って、薬を減量することが必要です。飲み続けていたものをやめると不安を感じますが、それが健康になる第一歩だと自分に言い聞かせるようにします。