医薬品の画像

正しい医薬品の選び方

医師から処方してもらう医療用医薬品は効能効果や基本的な成分を患者側で選ぶ事はできませんが、メーカーは選ぶ事ができます。同じならより値段の安い方を選びたくなりますが、違いは値段だけではありません。主な値段の違いは、研究開発費と原料コストになります。自社で開発した医薬品を先発医薬品、特許の期限が切れ、成分だけ真似たものを後発医薬品、ジェネリックと言います。先発品は研究開発を自分でやったという事は、成分表にあらわれない独自のノウハウや成分のコツというものも十分に把握しています。ですので、かかった開発費用の回収や品質を考慮するために安い原料に変更できないことから、高価なものになります。一方で後発品は、開発費用がかからない、安い原料を選択しているので安価で質が悪いと思われがちですが、メーカーも最小限の品質は担保しつつ、人件費削減など企業努力によって値段を下げています。人の健康に関わることなので、お金に糸目をつけないと言いたいところですが、病気によっては、長年にわたって服用しなければならないものもあり、治療にかかるコストもバカになりません。どんなに品質が良くても服用しなければ効果は出ないため、どちらも一長一短と言えますし、先発医薬品の製造に無駄な部分があるだけで品質は後発と変わらない場合もあります。医薬品は病気を治すための商品ですから失敗はしたくありません。以上のように正しい医薬品は服用する期間や患者自身の経済状況にもよって変わりますます。その他にも、病気の症状、その薬が発売されてからの期間、厚労省やPMDAのホームページで公開されいる副作用の有無などを調べた上で最適なものを自分で選ぶのが正しい医薬品の選び方でしょう。

医薬品を購入する時の注意点

医薬品には薬局やドラッグストアなどで簡単に購入できる一般用医薬品もあれば、医師の処方箋によって薬剤師の指導の下に薬局で購入することができるようになる処方箋医薬品もあります。これらを購入するときにはそれぞれ注意すべき点があります。誰もが医療費を削減したいと思うものであり、薬を買うのにかかる費用は下げたいと考えるものでしょう。一般用医薬品の場合には自己治療となるために保険適用が行われないという面があるのに対し、医師から処方箋を受け取っている場合には保険治療であれば3割負担や保険の種類によってはそれ以下で購入することができます。医療機関を受信するために初診料や診察費、処方箋の発行費用、薬剤管理料などがかかってしまうため、必ずしも医療機関にかかった方が安上がりであるとは限りませんが、医療機関にかかることによってより効果が期待できるものが手に入りやすいということも考慮してどちらを購入するかということをまず選ぶことが大切です。一般用医薬品の場合には薬局やドラッグストアなどで自由に購入できるという面があり、価格競争も行われています。そのため、安価に手に入れようと思ったら価格比較が必要であり、場合によっては定価の半額以下で手に入れられるということもあります。それに対して処方箋医薬品の場合には薬価が定められているためにどこの薬局で買ったとしてもそれ自体の値段に違いはありません。そういった違いがあるということは注意しておくべきことでしょう。ただし、処方箋医薬品でもジェネリック医薬品を選択すると値段を下げることができます。古くから使用されているものの場合にはジェネリックがある場合が多いので聞いてみることも大切です。

医薬品を買うなら通販がお得?

医薬品はこれまで処方箋をもらって調剤薬局で販売してもらうか、自分でドラッグストアに行って選んで買うかのどちらかで入手するのが基本とされていました。しかし最近ではインターネット上で薬が購入できるようにもなっていますので、そうしたサービスを利用して薬を買っているという人も多くなってきています。ここでよく言われるのが「医薬品を買うなら通販の方がお得」ということなのですが、これは正しいことであり、同時に間違っていることでもあるのです。ではどうしてそう言えるのか、まず正しいと言える根拠についてですが、確かに風邪薬などの常備薬を通販で買うのは賢い活用法です。通常のドラッグストアでも販売しているような常備薬は副作用もかなり小さいですし、何より通販では大量に在庫を抱えて全国に販売できるという特性上驚くような値引きがされていることもあります。こうしたことがあるため常に家に置いておく薬を通販で買うというのは悪いことではないと言えるわけです。では逆にどうして間違っているのかというと、これは「個人輸入代行」と言われるような通販を利用することが時に間違っているということです。個人輸入代行では国内では処方箋が無くては買えないような薬を海外から直接購入するタイプの通販となっており、そこでは本来処方箋が必要な薬を簡単に、しかも半額などの極めて安い価格で入手できるようになっています。しかし国内で処方箋が必要とされるのは無意味にそうなっているわけでは無く、副作用や併用禁忌など知識が無い人が販売するのはリスクがあるからです。そうしたリスクがあることを無視して個人輸入という手段に頼って薬を買うことは、時としてその人の命を奪いかねないリスクを生むのです。そのため常備薬を通販で買うのは賢い利用法、処方薬を通販で買うのはリスクのある危険な方法として理解するようにしましょう。

▼睡眠で悩んでいる方はメラトニン配合の医薬品をお勧めいたします
メラトニン
▼痛みを和らげる鎮痛剤をお探しならこちらのジェネリック医薬品
セレコックス
▼医薬品は薬局以外でも購入可能です
ボルタレンで鎮痛効果を